黒ずみの 原因 対策

黒ずみの原因と対策

黒ずみはニキビによる炎症が治まった後や肌が摩擦や圧力などの外部からの刺激を受けて出来たりします。

 

締め付けの強い下着や合成繊維の着用による蒸れ、擦れ、血行不良などが刺激となって黒ずみを発生させる原因となります。

 

では、この黒ずみ対策としては何をどうすれば良いのでしょうか?

 

黒ずみの原因と対策

黒ずみとは(goo辞書)

 

まずは、肌に直接触れる下着などは綿や麻などの通気性と吸収性の良い天然素材のものを使用することをお勧めします。

 

また、お風呂で身体を洗う際に使うタオルもナイロン素材のものでゴシゴシ洗うと肌が刺激を受けて黒ずむことがありますので、このタオルの素材も綿や麻、絹100%のものを使用するようにしましょう。

 

ボディブラシを使用する際もナイロン素材ではなく、馬毛などの刺激の少ないものを選ぶように気を使うことが大切です。

 

また、出来てしまった黒ずみに対してはピーリング効果のある化粧品を使用することで解消することが出来ます。

 

しかし、肌奥の真皮層での色素沈着の場合は医療機関でのピーリングでないと解消出来ない場合もあります。

 

昨今は美白ブームということもあり、定着してしまったメラニン色素を薄くするための成分が入った化粧品が多く販売されていますので、これらを使うことも良いでしょう。

 

メラニン色素を薄くする働きのある成分には、トレチノイン酸、ハイドロキノンがあります。

 

トレチノイン酸は古くなった角質を剥がれやすくする働きや皮膚の再生力を高める働きがあります。

 

ハイドロキノンにはメラノサイトを減少させる働きがあることから黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑制します。

 

黒ずみの原因と対策について、ご説明させて頂きましたが、いかがですか。実行に移せそうでしょうか。

 

少しの気遣いで、大きなお肌の差が生まれてきます。ぜひ、美しいお肌を目指して頑張りましょう。